宮城県仙台市太白区富沢の歯科医院 - なのはな歯科

インプラント治療

インプラントとは

インプラントとは
インプラントは、歯根部分と上部構造からなり、顎の骨の中に人工歯根を埋入し、数ヶ月間(約3ヶ月~6ヶ月)期間をおくことにより、顎の骨としっかり固定された後に上部構造を装着します。

人が物を噛むときの力は、想像以上に大きいものですが、顎の骨に埋め込むことで、天然歯と同じように噛む機能を改善し、強く噛むことも可能です。
また 上部構造の歯冠の色や形も、最新の歯科技術によって、自分の歯と同じように作ることが可能です。

インプラントの構造

① 上部構造(人工の歯)
おもにセラミック素材のものを使用し、ほぼ自分の歯と同じぐらい自然に仕上げることができます。

② アバットメント
インプラントと上部構造を接続するパーツになります。 かみ合わせの状態によって、角度を微調整します。

③ インプラント(人工歯根)
顎の骨に直接埋め込みます。術後はインプラントと骨が強力に結合しますので、とれる心配はありません。

ジンマー・バイオメット社のインプラントを使用

当院ではアメリカのジンマー・バイオメット社の3iインプラントを使用しています。
3iインプラントは歯根とインプラントの親和性を高くするために表面に特殊な加工が施されており、顎骨との良好な結合を期待することができます。

治療に関するお問い合わせはこちら