宮城県仙台市太白区富沢の歯科医院 - なのはな歯科

審美歯科に使われる主な素材

セラミック治療とは

セラミック製の人工歯や詰め物を用いた治療で、銀歯や銀の詰め物、小規模の不正咬合や色素沈着など、審美的な問題を解決したい場合に用います。とても白く美しい歯にすることができます。

歯科で使用するセラミックは、陶材を歯科用の被せ物や詰め物に応用したものです。
費用が高額になる印象もありますが、セラミック治療の最大のメリットは、審美的に優れていることはもちろん、銀歯と比べてむし歯の再発が起こりにくいという点だと言えるでしょう。
むし歯が再発してしまう主な原因は、歯と詰め物の隙間にプラークが付着することです。

セラミック治療では、3D光学カメラとコンピューターで修復物を設計し、機械で削り出すため、誤差がほとんどなく、歯と詰め物の隙間もありません。
表面の凹凸が少ないのでプラークも付きにくく、セラミック自体が腐食することもないため、長期間安定して、むし歯の再発を抑えることができます。

セラミックのかぶせ物と詰め物について

セラミックインレー(詰め物)

セラミックインレーとは、セラミック(陶器)の詰め物のことです。
金属の詰め物が気になる方におすすめです。
ご自身の歯と同じ色で作製されるため、歯の自然な美しさに仕上がります。
治療費はやや高くなりますが、詰めた部分の仕上がりが美しく、変色がないので、自然な仕上がりになります。

セラミッククラウン(かぶせ物)

セラミック(陶器)のみで作られた歯のかぶせものです。
金属を全く使用していないので、金属アレルギーの方も安心して装着頂けます。
色調や透明感に優れているので、きわめて自然の歯に近いものを再現することができます。
そのため、前歯など目立つ部分の歯の治療にも適しています。
歯の色、形、歯並びなどの美しさをトータルに修復、改善できます。

治療に関するお問い合わせはこちら